日本薬師堂のグルコンで悩みを解消|サプリメントで撃退!

ウーマン

熱を運ぶ食事を意識

寒がる女性

お尻から冷えを招く

デスクワークなどで長時間座っていることによって、冷え性に悩むケースが挙げられます。特に意識したいのはお尻の筋肉が硬直してしまいやすい女性特有の体型で、骨盤のバランスが乱れることによって、通常ならば、末端まで血流がスムーズに行き渡るものの、お尻の筋肉が硬直していたり圧迫された状態では下半身に血流が流れにくく、下半身の冷え性に悩む場合があります。また女性の冷え性では、自律神経の働きも大きく関与しており、一定の体温を保つ働きや血流のコントロールなどを担うため、女性は男性よりも冷えに敏感に反応しやすくなります。もちろん、下半身へ血流を促すために下半身のストレッチは重要視したい内容で、むくみも解消できます。また食事内容も、肉や魚などのたんぱく質は熱を作る筋肉の原料になることは知られていますが、エネルギー源には糖質や脂質も適度に摂取することも大事で、具材入りの温かいスープはオフィス向きの食事内容です。

冷えのぼせに効果的

冷え性は手足の末端冷えをはじめ、お腹や内臓など、一部分が冷たくなるのが特徴ですが、近年、冷えのぼせの症状に見舞われる女性が増加しています。心臓からの巡りによって上半身は熱があるものの、下半身のみが冷えている状態で、冷え性には見受けられない頭痛を引き起こしやすく、不調を招く冷え性として問題視されています。原因には女性特有となる骨盤の歪みがあり、上半身と下半身を繋ぐパーツで、この結合部位が歪むことによって下半身の血行が圧迫され、熱を作り出しにくくなります。正しい姿勢や骨盤矯正、お尻や太ももに効くエクササイズなどは巡りを改善させることができます。また温める健康食品として冬野菜を挙げることができ、生姜や山椒などのスパイスを組み合わせるのも温める働きをサポートしてくれる内容で、ミネラル成分も巡りを促すため、白湯もオススメされています。