日本薬師堂のグルコンで悩みを解消|サプリメントで撃退!

ウーマン

我慢しないで

生薬

辛い時には受診を

女性は40代後半から50代にかけて閉経を迎える人が増えます。更年期は個人差があり、何も不快症状なく閉経を迎える人もいれば、体調不良が続くことでうつ状態になり、自殺まで考えてしまうほど深刻な症状になってしまう人もいます。女性ホルモンのエストロゲンの急激な減少により体がついていけず、さまざまな不快症状を引き起こす症状が更年期です。また、この時期の女性は子供の独立や配偶者の定年・両親の介護・働き先でのストレスなど、さまざまな環境の変化が起こりやすい時期であり、余計にストレスがかかりやすくなります。ストレスによっても更年期障害がよりひどくなることもあります。日常生活にも支障が出るほどになったら、速やかに受診をしましょう。

ストレス解消してすっきり

つらい症状の代表的なものに、急なほてりや発汗といったホットフラッシュと呼ばれる現象があります。感情や環境などに関係なく、突然に顔が真っ赤になるほどほてったり、汗が止まらないという症状がホットフラッシュです。その他、頭痛や吐き気、めまいなどがあります。更年期障害がひどくならないうちに、婦人科で検査を受けることをおすすめします。漢方薬などが処方され、症状を緩和する効果があります。漢方はゆっくりと改善する作用があるため、閉経前後の女性に漢方はぴったりな治療薬と言えます。代表的な漢方は加味逍遥散や当帰芍薬散があります。どちらもホットフラッシュやめまい、頭痛、冷え性などに効果のある漢方です。更年期のつらい症状は我慢せずに早めに病院を受診して対応することが大切です。